Was it helpful?

We value your feedback about this content. Please let us know what you think:

AGLとCSIRO、低エネルギーCO2回収について探究

豪州AGL社が褐炭火力発電所からCO2を回収するための低コストプロセスについて探究することを目的とする企業連合を設立した。このエネルギー会社は、CSIROおよび技術提供企業である日本のIHIとチームを組み、同社Loy Yang褐炭火力発電所に、貯留用CO2の回収で消費するエネルギー量を最大40%削減できるパイロット・プラントを設置し、実験を行う。Brown Coal Innovation Australia (BCIA)は今日(5日)、1日最大0.5トンのCO2を回収する500万ドル規模のこのプロジェクトに、65万ドル提供すると発表した。発電所から排出される温室効果ガスの燃焼後回収技術が持つエネルギー集約的性質は、その普及を妨げる主な障壁であり、世界中で実施されている多くのパイロット・プロジェクトでこの問題を克服する方法が探られている。Global CCS InstituteのCEO、Brad Page氏はCE Dailyに対し、このプロジェクトは国際協調によるCCS研究開発の素晴らしい一例であると述べた。「当インスティテュートでは類似の事例を追跡しているが、そこでは個々の大規模プロジェクトからの教訓(の活用)が大規模なコスト・ダウンにつながる」と、同氏は述べた。

 

AGL and CSIRO explore low-energy CO2 capture

AGL has established a syndicate to explore a lower-cost process to capture CO2 from brown coal-fired power stations. The energy company is teaming with CSIRO and Japanese technology provider IHI Corp to install and test a pilot plant at its Loy Yang brown coal-fired power station that could use up to 40% less energy to capture CO2 emissions for storage. Brown Coal Innovation Australia (BCIA) today announced it would provide $650,000 towards the $5 million project, which will capture up to half a tonne of CO2 each day. The energy-intensive nature of the post-combustion capture of greenhouse gases from power plants is a major barrier to its widespread use, and a number of pilot projects around the world are exploring ways to overcome the problem. CEO of the Global CCS Institute, Brad Page, told CE Daily that the project was an excellent example of globally-coordinated R&D on carbon capture and storage. "The Institute is tracking similar instances where learnings from individual large-scale projects can bring significant cost reductions," he said. 

Was it helpful?

We value your feedback about this content. Please let us know what you think: