アミン系CO2燃焼後回収(PCC: Post Combustion Capture)プロセスの環境影響

本報告書では、モノエタノールアミン(MEA)、メチルジエタノールアミン(MDEA)、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール(AMP)、ピペラジン(PZ)及びこれらの混合物の酸化分解生成物及び熱分解生成物の形成に関する科学文献のレビューを実施した。この分野は全体としては取り組みが活発であるものの、アミン溶液の分解に関する特性分析と定量化を十分に行った実験研究は事前の予想に比べてはるかに少なく、これらの研究成果を商業規模のアミン系燃焼後回収プラントに適用して、アミン溶液の分解生成物が大気にどれほど飛散するかを予測することも予想より格段に難しいことが分かった。

Organisation 
Australian National Low Emissions Coal Research & Development (ANLEC R&D)
Topics 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
CO2 capture

本報告書では、モノエタノールアミン(MEA)、メチルジエタノールアミン(MDEA)、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール(AMP)、ピペラジン(PZ)及びこれらの混合物の酸化分解生成物及び熱分解生成物の形成に関する科学文献のレビューを実施した。

Was it helpful?

We value your feedback about this content. Please let us know what you think: