政策立案者及び事業実施者向けトレーニングマニュアル: APEC 地域におけるCO2 回収・貯留に関する能力開発

CO2 回収貯留(CCS)では、枯渇した石油・ガス田、陸域と海域の地殻深部にある塩水滞水層、岩塩空洞ないし採掘できない炭層などの地質構造にCO2 を注入し閉じ込める。これらは、既存の石油・ガス生産における二次回収のアプローチであり、同時に温室効果ガスの排出を減らす手段でもある。この序論は、CCS がエネルギー生産向上と温室効果ガス削減に関して有するポテンシャルを調査することに関心を寄せる関係者及び政策決定者にとって重要な質問に対する回答を提供するように構成されている。

Organisation 
Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC)
CO2CRC
ICF International
Topics 
Carbon capture, use and storage (CCUS)
Capacity development

CO2 回収貯留(CCS)では、枯渇した石油・ガス田、陸域と海域の地殻深部にある塩水滞水層、岩塩空洞ないし採掘できない炭層などの地質構造にCO2 を注入し閉じ込める。これらは、既存の石油・ガス生産における二次回収のアプローチであり、同時に温室効果ガスの排出を減らす手段でもある。この序論は、CCS がエネルギー生産向上と温室効果ガス削減に関して有するポテンシャルを調査することに関心を寄せる関係者及び政策決定者にとって重要な質問に対する回答を提供するように構成されている。

Was it helpful?

We value your feedback about this content. Please let us know what you think: